ご入居後は

ホームでの日常生活

 ● ホームには職員が常駐し、生活支援および介護をいたします。
 ● 毎日の生活を楽しく送れるよう、屋上でのスポーツ、レクリエーション、野
    外活動のほか、それぞれの趣味を提供しあって生き生きと過ごせるようにい
    たします。
 ● 日常の生活の中で安全性に問題のない限りにおいて、ご自分でできることは
    積極的に参加するようにしていただきます。
 ● ご自分の部屋での飲食は特に制限をいたしませんが、安全衛生上および健康
    上心配なときは配慮します。また、ご訪問者が飲食を共にされた際の食べ残
    しなどは、お持ち帰りくださるようお願いいたします。
 ● お部屋では火災などの心配がありますので、喫煙やロウソクの火など、火気
    の使用は禁止させていただきます。
 ● 当ホームでは諸問題を起こさないために、飲酒を制限しておりますのでご協
    力ください。
 ● 家具・生活用品など今までお使いのものは、収納できる範囲においてご自由
    にお持ち込みいただけます。
 ● ご家族同伴での外出・外泊は自由です。ただし、必ずホームの了承を得てく
    ださい。
 ● ご家族が泊まりで訪問することもできます。お食事も、あらかじめ申し込ま
    れた場合は共にすることができます。(有料です)
 ● 面会時間は、入居者の就寝時間に配慮して、原則として夜8時までとなって
    おります。それ以外はご相談ください。
 ● 入浴は、基本的に毎日ご自由にしていただけます。
 ● 当ホームはキリスト教精神によって運営されており、キリスト教の礼拝式を
    おこないます。参加は自由ですが、できるだけ和やかに生活をしていただく
    ために、日々生かされていることへの感謝と、互いに愛し合うことを身につ
    けていただけたらと願っております。また、牧師がおりますので、人生相談
    など、どんなことでもお気軽にお申しつけください。

入居者の健康管理はどのようになっていますか

当ホームでは必要と思われる医療機関と提携をしております。
入居者に通院・往診・入院などの必要が生じましたときは、提携医療機関には
当ホームでお連れいたします。それ以外の医療機関をご希望の場合はご家族で
お願いします。
仮に入院することになりました場合は、そのままお部屋代をご負担願います。
入院が1ヶ月以上となるときは、ご家族・主治医と当ホームで話し合い、今後
の検討をすることになります。
入居者の状態が重度化した場合、馴染みの関係を大切に本人及びご家族のご希
望があり、なお医師の診断により安心して終の棲家としていただけるよう看取
りもいたします。

退居される場合の確認事項

 ● 都合により退居される場合は、原則として1ヶ月前にご連絡ください。
 ● 利用者同士のトラブルなどがあるときは、退居していただくことがあります。
 ● 病的症状などが重くなり、自傷他害のあるときは、退居していただくことが
    あります。
 ● 利用料などを2ヶ月以上滞納されたときは、退居していただきます。
 ● 退居により生じる不必要な物品・粗大ゴミなどの始末は、利用者のご負担と
    なります。
 ● 退居の際は、基本的に居室は入居前の状態に戻していただきます。このため
    にかかる費用は、入居時にお預かりした保証金を充当させていただきます。

身元引受人についてご理解ください

 ● 身元引受人は2名必要で、入居契約の際には必ず同席していただきます。
 ● 入居契約上の義務・責任はすべて負っていただきます。入居者が利用料など
    の支払いをできなくなったときは、これを代行していただきます。
 ● 入居者が退居するときは、ご本人を引き受けていただきます。
 ● 入居者が亡くなられたときは、最後まで責任をもっていただきます。

個人情報保護について

 ● 入居者あるいはそのご家族等に関する事項を管理し、正当な理由なく第三者
    に漏らすことはありません。